Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

バレエ・リュス

「バレエ・リュス(Ballets Russes)」は、ロシア出身の芸術プロデューサー、セルゲイ・ディアギレフが主宰したバレエ団である。

「ロシア・バレエ団」とも呼ばれ、1909年にパリのシャトレ座で旗揚げをしてから、ディアギレフ死去後の1929年に解散するまでの間、パリを中心として活動し、今日のモダンバレエの基礎を築いたバレエ団であり、舞踊や舞台デザインの世界に革命をもたらした。

f:id:pleasegoodtimes:20140420160341j:plain

ロシア帝室バレエ団出身のメンバーが中心となり、ヨーロッパ各地やアメリカ、オーストラリアなどで公演。ちなみに、「バレエ・リュス」とはフランス語で「ロシア・バレエ団」を意味するが、ロシアで公演したことは1度もない。

伝説のダンサー兼振付家ヴァーツラフ・ニジンスキーをはじめ、レオニード・マシーンやヴァーツラフ・ニジンスキーの妹であるブロニスラワ・ニジンスカ、セルジュ・リファール、ジョージ・バランシンら、20世紀におけるバレエの革新に大きく貢献した振付家を輩出した。ストラヴィンスキーが広く世に知られる契機となったのも、ディアギレフに依頼され「バレエ・リュス」のために作曲した「火の鳥」や「春の祭典」である。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする