Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

こども展

西洋近代絵画の巨匠たちが描いた「子ども」の絵が大集合する「こども展 名画にみるこどもと画家の絆」が、2014年4月19日から6月29日の期間、六本木の「森アーツセンターギャラリー」で開催される。

f:id:pleasegoodtimes:20140111221840j:plain

1927年にクロード・モネの大連作「睡蓮」を展示するために誕生した印象派とポスト印象派の優品を所蔵するパリ有数の美術館である「オランジュリー美術館」。今回の展覧会は、2009年11月から2010年3月まで「オランジュリー美術館」で開催された展覧会「 Les enfantsmodeles」(「モデルとなった子どもたち」)をベースに日本向けに再構成したものだ。

フランスで約20万人の観客を動員し成功を収めた展覧会が、「オルセー美術館」と「オランジュリー美術館」両館の支援のもと、フランス展の企画立案者で「オランジュリー美術館」の元館長エマニュエル・ブレオン氏と成城大学名誉教授の千足伸行氏の監修により、フランス国内に所蔵されている絵画を中心に新たに作品を選定、約50人の画家による子どもをモデルにした作品約90点が出展される。有名画家だけでなく、日本ではあまり耳にすることはないが素晴らしい画家たちによる作品が「子ども」という共通のテーマのもと、等しく展示されるのが今回の展覧会のユニークな点。

テーマは、描かれた側=モデルとなった子どもの体験と、描いた側=子どもたちの親、または子どもたちと親しい関係にあった画家の想い。画家に焦点を当て、その技術や特徴を鑑賞するという従来の展覧会の枠組みを超えて、子どもたちの目線を通じて作品に秘められたメッセージやエピソードを読み解くという、絵画の新しい鑑賞方法を提案する画期的な展覧会だ。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする