Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

新型A-ClassとSLC

最近では、ライフスタイルの変化に伴いクルマのチョイスも大きく変わった感は否めない。クルマメーカーもブランド戦略に思い切った路線変更を求められているのが現状である。

日本では高所得者層をターゲットに高級セダンを販売してきた「メルセデス・ベンツ」は、高級車の代名詞と言える。医者、弁護士、大企業の重役などがターゲットであったため、「ベンツ」という企業ブランドは少しお堅いイメージである。

f:id:pleasegoodtimes:20151230220354j:plain

しかし、一昔ほど大型セダンが売れなくなり、A、Bセグメントと呼ばれるコンパクト車が主流の時代となってきた。さらに、若年層のクルマ離れが叫ばれるようになって久しい状況の中で、「メルセデス・ベンツ」は従来のお堅い企業のイメージを脱却を図り、コンパクトカーにも力を入れるようになり、若い人たちに受け入れられるブランドへと進化する決断を下した。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする