Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

君の瞳に恋してる

良く知っている曲が、実は昔のカバー曲だったってことはけっこうあるものだ。個人的に大好きな曲である「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」は、「ボーイズ・タウン・ギャング(Boys Town Gang)」のオリジナルだとずっと思っていた。

しかし、もともとは1967年に「フォー・シーズンズ」のフランキー・ヴァリがソロシングルとしてヒットさせた曲であり、現在公開されているクリント・イーストウッド監督作品の「ジャージー・ボーイズ」で、この曲がどのようにして誕生したかの経緯が描かれている。

f:id:pleasegoodtimes:20141012235805j:plain

9月の上旬にこの作品の紹介をしたが、先週やっとのことで劇場で鑑賞することが出来た。個人的にはド派手なハリウッドのドンパチ物が好きで、「ジャージー・ボーイズ」のようなちょっと地味な感じのする実録ものは本来はあまり観ない部類の作品である。しかし、TVCMなどで「君の瞳に恋してる」の誕生秘話…なんてコピーを耳にすると、「あれ?私が知っているのはオリジナルじゃないのか…」という素朴な疑問と好奇心から、その真相を確かめてみたくなった。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする