Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ウフィツィ美術館展

ウフィツィ美術館」はイタリアのフィレンツェにあるイタリアルネサンス絵画で有名な美術館として、また、メディチ家一族が蒐集した膨大なコレクションを核とする美術館としても有名である。

建物は1560年に初代トスカーナ大公コジモ1世の治世下ジョルジョ・ヴァザーリの設計により着工。かつてメディチ家の事務所として用いられていたことから、イタリア語で「オフィス」を意味する「ウフィツィ」と呼ばれるようになった。

f:id:pleasegoodtimes:20141011001445j:plain

美術館の始まりは、1581年にトスカーナ大公フランチェスコ1世・デ・メディチが代々のコレクションを陳列したことに遡る。18世紀にメディチ家の継承者が途絶えたとき、最後の子孫は一族の美術品がフィレンツェに残り、市民に供されることを条件に大公国にコレクションを寄贈。

その後、イタリア政府に委譲され国立の美術館となった。メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する美術館であり、イタリアルネサンス絵画の宝庫である。展示物は2,500点にのぼり、古代ギリシア古代ローマ時代の彫刻から、レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」やミケランジェロラファエロらなどのイタリア・ルネサンスの巨匠の絵画を中心に、それ以前のゴシック時代、以後のバロックロココなどの絵画が系統的に展示されている。また、ルネサンスを代表する画家である「春」や「ヴィーナスの誕生」で知られるサンドロ・ボッティチェリの作品を数多く所蔵する美術館としても有名である。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする