Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

スッゲェ~クルマ

そろそろクルマネタかな…と思っている方、そう今日はクルマネタである。19日に開幕する北京モーターショーでお披露目される2台のクルマが少々面白い。

最初は、2012年に発表したプジョーの「ONYX(オニキス)」に続くスタディモデル「EXALT(イグザルト)」。ちなみに、2012年の「パリモーターショー2012」に登場した「ONYX」は、プジョーがこれまでのレースで得た技術をおしげもなくつぎ込んだコンセプトカー。

このモデルは、ル・マンや北米ALMS選手権で活躍していたプジョー「908HDiFAP/908」も開発していた「プジョースポール」と「PSAプジョー・シトロエン」のR&Dセクションが共同開発したレース直系テクノロジー満載のスーパーカーである。

f:id:pleasegoodtimes:20140417000503j:plain

ミッドシップに搭載され後輪を駆動するパワーユニットは、ル・マン・レーサーの「908」から転用された3.7リッターのV8ハイブリッドHDI FAPツインターボディーゼルで、パワーは何と600psで、6段のシーケンシャル・トランスミッションと組み合わされる。また、制動エネルギーを蓄える回生エネルギーシステムも搭載されるが、このリチウムイオン電池に蓄えられたパワーは任意で80psを発揮するとされている。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする