Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

オフィシャルスーツ

「ハケット ロンドン (HACKETT LONDON)」は、英国スタイルの最たる象徴としてヨーロッパを中心に世界各国で展開するメンズブランド。ファッションにおける「変化」よりも「クオリティー」を重視し、スタイリッシュな装いをあらゆる世代の紳士に提供する真の英国スタイルブランドである。

f:id:pleasegoodtimes:20131115131421j:plain

伝統的な英国スタイルの装いを踏襲しつつも古さを感じさせることはない。そんな「ハケット ロンドン」のアイテムは、時代に合わせた変化ではなく進化を追求する。そのコレクションの一部は、20年前と同じものもあるという。

1953年、後の「ハケット ロンドン」の創設者ジェレミー・ハケットは、イングランド南部のウィルト州ディバイゼルスに生まれる。父はテキスタイル装飾のビジネスに携わり、幼いころから布地にたいする知識を培った。10代から地元の洋品店で働き、その後、サヴィル・ロウのテーラー「ジョン・マイケル」に5年間勤めた。

1979年、アシュレイ・ロイド・ジェニングスとアンティークマーケットで有名なノッティングヒルのポートベロー・ロードで良質な紳士服の古着を探している際に出会い、意気投合。その後2人はパートナーシップを組み、紳士服ビジネスをスタート。1983年にニューキングス・ロードに「HACKETT」の1号店をオープンした。オープン当初は良質な古着やアクセサリーを販売し、そのセンスとクオリティで人気を獲得していった。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする