Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

チョッと感動の動画

「Aston Martin/アストン・マーティン」は、2019年から新型SUVDBX」を生産する英国内の2番目の生産工場として、4月6日に国防省から「Aston Martin」へ引き渡された巨大格納庫を利用し、「ボンドカー」や次世代ハイパーカー「ヴァルキリー」を含む歴代の名車が勢揃いしたユニークな映像作品を公開した。

f:id:pleasegoodtimes:20170429084211j:plain

かつて軍事施設として使われていた巨大な飛行機の格納庫を舞台にした「スーパー格納庫の所有権移転記念フィルム」といえるこの作品では、希少なクラシックカーから1台数億円単位のスーパーカーまで一挙集結したそのクルマの数々は、総額は6500万ポンド、日本円にして約93億円という、とんでもなく豪華なラインナップにアストンファンにはまさに垂涎ものである。

登場した車種は、1950年代のレーシングカー「DBR1」や、世界限定77台のスーパーカー「One-77」、サーキット専用モデルの「ヴァルカン」や、レッドブルと共同開発の次世代ハイパーカー「ヴァルキリー」、さらに、「Cygnet」や「ボンドカー」として使用されたモデルなどなど、100年以上の歴史を持つ「Aston Martin」の名車が多数集結する様は壮観である。

※続きはこちら

広告を非表示にする