読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

大エルミタージュ美術館展

幾つもの運河や川が流れる水の都サンクトペテルブルクは、1712年からロシア革命後にモスクワへ首都機能が移るまでの約200年間、帝政ロシアの都として栄えたこの街。

そして、ひときわ優雅で壮麗な姿を誇るのが「エルミタージュ美術館」。歴代皇帝の宮殿からなる建物は、100年以上をかけて次々に建設され、サンクトペテルブルクの象徴ともいえる姿になった。

f:id:pleasegoodtimes:20161127213046j:plain

1764年にエカテリーナ2世が取得し、美術館の基礎となったコレクションから、歴代皇帝が国家の威信をかけて収集した美術品、個人蒐集家のコレクションまで、「エルミタージュ美術館」の所蔵品はおよそ310万点。そのうち絵画作品だけでも1万7千点に及ぶ。

※続きはこちら