Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

魅惑から癒しまで

ヌード写真の歴史は、そのまま写真の歴史であると言ってもよいほど、写真の草創期(19世紀前半)から裸体を撮った写真は存在する。それはヌードが写真の本質に触れるものであり、写真が人を惹きつけてやまないメディアであることを如実に物語る主題であるからに他ならない。

篠山紀信は、日本大学芸術学部の卒業制作から現在に至るまで数多くのヌードを撮影し、人が「裸であること」から創りだし得る表現に挑戦を続けているカメラマンの1人である。

f:id:pleasegoodtimes:20160903235049j:plain

9月月3日から2017年1月9日までの期間、北品川にある「原美術館」において一風変わった篠山紀信の写真展が開催される。この写真展のテーマは、「原美術館」を篠山紀信がカメラによって「快楽の館」に変貌させることにある。

※続きはこちら

広告を非表示にする