Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

チーム戦

戦国時代最後の名将で「日の本一の兵」とも讃えられた真田幸村は、戦国時代を代表する武将で、本名を真田源次郎信繁という。若き日々を秀吉の人質として過ごし、豊臣家の栄枯盛衰を目の当たりにすることになる真田信繁は、好奇心に溢れ、冒険を好み、戦国の世を駆け抜け、いつしか、覇者徳川家康をも恐れさせる伝説の武将となった。

現在、NHK大河ドラマで放映中の「真田丸」では、三谷幸喜の脚本で描かれるもう1つの真田幸村伝説が展開する。天才の父、秀才の兄の背を追いかけながら、故郷に住む家族と共に乱世を生き延びていくために、迷い、悩み、苦しみながら成長していく、家族愛にあふれた次男坊の信繁の物語。

f:id:pleasegoodtimes:20160707225947j:plain

そして、大坂の陣において真田信繁が、戦国時代最後にして最強の砦「真田丸」を作りあげるまでの人生は、戦国の荒波に揉まれ続けた小さな家族船「真田丸」での長い長い航海の道程でもあった。

※続きはこちら

広告を非表示にする