読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

アートに触れる

村上春樹の装丁などを手掛けた、イラストレータ安西水丸の展覧会「イラストレータ安西水丸」展が、JR京都伊勢丹美術館「えき」KYOTOで、6月17日から7月10日までの期間、開催される。

f:id:pleasegoodtimes:20160512193921j:plain

イラストレーターとして1970年代より活躍を続けた安西は、漫画、絵本、小説やエッセイの執筆、翻訳など、枠にとらわれることなく多様な活動を行っていた。しかし、心には「イラストレーターであることへの誇り」を常に持ち続けていた。彼の作品は画面の要素をできる限り削ぎ落としながらも、柔らかくユーモアに溢れ、ときに優しく、ときに鋭く、見る者を魅了した。また、生前親交の深かった村上春樹とは公私に渡り関係を深め、書籍の装丁なども手掛けた。

今回の展覧会では、4つの章にわけて「小さい頃よりずっと絵を描くことが好きだった」と語る安西の幼少期から晩年に至るまでの軌跡を辿る。イラストレーションの作品を中心に、約600点の作品を展示。さらに、村上春樹をはじめ、親しい間柄だった嵐山光三郎和田誠との仕事も同時に紹介する。

※続きはこちら

広告を非表示にする