Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ピーター・パン

ピーター・パン症候群またはピーターパンシンドロームとは、大人という年齢に達しているにもかかわらず精神的に大人にならない男性を指す言葉として使用される。

この用語は、1983年にアメリカの通俗心理学本作家ダン・カイリーが著した「ピーター・パン症候群」で提唱されたパーソナリティ障害。誰でも持っている問題の一種であるが、心理学・精神医学の正式な用語ではない。著書の中で「ピーター・パン症候群」は、「成長する事を拒む男性」として定義されている。

f:id:pleasegoodtimes:20141128002027j:plain

言動が「子供っぽい」という代表的な特徴をはじめ、精神的・社会的・性的な部分にリンクして問題を引き起こし易いという事が挙げられており、過去に解析されてきた事象のほとんどでその症状に陥ったと思われる人物が「男性」であるという点もこの症候群が男性にのみ訪れるという特色を示している。

「ピーター・パン症候群」は、人間的に未熟でナルシズムに走る傾向を持っており、「自己中心的」「無責任」「反抗的」「依存的」「怒り易い」「ずる賢い」という、まさに子供同等の水準に意識が停滞してしまう大人を指している。つまり、その人物の価値観は「大人」の見識が支配する世間一般の常識や法律をないがしろにしてしまうこともあり、社会生活への適応は困難になり易く、必然的に孤立してしまうことが多い。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする