Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

M.I.A.×Versus Versace

M.I.A.(本名:Mathangi Maya Arulpragasam マータンギ・マヤ・アルルピラガーサム)」は、イギリス出身のタミル系スリランカ人のミュージシャン、美術家、デザイナー。芸名は「Missing In Action(戦闘中行方不明)」の略で、連絡の取れない「LTTE(Liberation Tiger of Tamil Eelam スリランカで武装闘争を行っていたタミル人のテロ組織)」のメンバーとして活動していた父に対するメッセージでもある。

f:id:pleasegoodtimes:20131012214345j:plain

両親が仕事の都合でイングランドに滞在していた頃にロンドンのハウンズローにて生まれ、半年後には両親と共にスリランカに渡った。しかし、「LTTE」のオリジナル・メンバーである父はまもなく政府に身を追われるようになり、彼は家族と生き別れになる。内戦を通じてマヤの一家は多くの親戚や友人を失くし、マヤが11歳になる頃には母はマヤ達3人の子供を連れ、難民としてイングランドに移住。

そこでマヤはパブリック・エナミーなどのヒップホップ、及びダンスホールレゲエといったクラブミュージックに初めて触れることになる。その後、マヤは著名なデザイナーを多数輩出している事で有名な「セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン」に入学。在学中にはファインアートと映画を専攻し、高い評価を受けていたためヴィジュアル・アーティストとして将来有望だった。卒業後、マヤはエラスティカのセカンドアルバムのジャケットを制作し、2001年の全米ツアーに映像ディレクターとして同行。その時に前座を務めていたカナダのエレクトロ・ヒップホッパー「ピーチズ」のステージを見て感動し、音楽の道に進むことを決意。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする