Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

RUSH/ラッシュ

1970年代のF1黄金期、1976年はモータースポーツファンには忘れられない年である。総合ポイントでそれまで首位だった前年覇者のニキ・ラウダが再起不能とまで言われたニュルブルクリンクでの大クラッシュで全身に火傷を負う重傷からわずか6週間で奇跡的に復活、その後、ライバルであるジェームズ・ハントとのワールドチャンピオンの座を競う熾烈なバトルが最終戦の日本グランプリの富士スピードウェイまでもつれ込むというドラマティックなものだった。

「コクーン」「バックドラフト」「アポロ13」などのヒットにより一流監督となり、2001年「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞監督賞を受賞、そして、「ダ・ヴィンチ・コード 」や「天使と悪魔 」でお馴染みのロン・ハワード監督が、F1史上最も衝撃的でドラマティックな1976年を舞台に、ジェームズ・ハントニキ・ラウダのバトルの実話を映画化した「RUSH(ラッシュ)」が来年の2月に公開される。

f:id:pleasegoodtimes:20130929231226j:plain

欧米では一足早く劇場公開され、臨場感にあふれるレースシーンをはじめ、栄光と挫折を乗り越えたハントとラウダの感動的なドラマが圧倒的エンターテインメントとして描かれており、ハワード監督にとってキャリア最高峰とも称されている話題作。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする