Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

フェラーリ特急

イタリアの旅には新しいパートナーが存在する。新高速列車「イタロ」である。

EU圏内初の民営高速鉄道会社「Nuovo Trasporto Viaggiatori(NTV)ヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリ」によって、2012年4月28日から運行が開始された「イタロ」は、イタリアの主要都市を縦横に結んでいる。フィレンツェ、ローマ、ヴェネツィア、ミラノはもちろん、ナポリ、サレルモ、ボローニャトリノパドヴァの各都市へも運行しており、停車駅は街の中心部にあるので、空港とは違って街からの移動に時間を費やすこともないのが嬉しい。また、ローマ、ミラノ、ヴェネツィアの3都市に関しては、エリア内の2つの駅に停車するので、駅までの移動も便利この上ない。

f:id:pleasegoodtimes:20130628062333j:plain

ミラノ‐フィレンツェ間は1日最大10本、ミラノ‐ローマ間は1日最大17本、フィレンツェ‐ローマ間は1日最大20本など、豊富な運航本数も魅力の1つだ。また、定時運行を徹底しているので、自動車や飛行機といった他の交通手段とは異なり、旅程が渋滞や天候に左右されることがない。つまり、「イタロ」は、イタリアにおいて、最も安全でエコフレンドリーな旅の選択肢なのだ。

運行時速は300km。この高速でイタリアの主要都市間をわずか数時間で結んでいる。ミラノ‐ローマ間は2時間45分、ローマ‐ヴェネツィア間は3時間43分という速さだというから、まさにアッという間である。そして、速いだけではない。「イタロ」は、最上の快適さも提供してくれる。景色を楽しむための大きな窓、電源ソケットを備えたゆったりとした革張りのリクライニングチェア、無料Wi-Fiや充実の車内エンタテインメント…。事前に注文すれば、座席で食事を楽しむことも可能だ。車内では全スタッフが英語を話すので、イタリア語が不得手でも大丈夫。

これは、EU圏内の国際旅客鉄道輸送が2010年より自由化され、民間企業の参入が可能になったことで実現したサービスと言える。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする