読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

優雅なひと時

エレガントで洗練された味わいと美しい色で、「シャンパーニュの宝石」と賞され、シャンパーニュ好きを魅了してやまない「Ruinart/ルイナール」は、シャンパーニュ メゾンとして最古の伝統と格式を誇っている。

f:id:pleasegoodtimes:20170428073633j:plain

18世紀初頭、勤勉で謙虚なベネディクト派修道会の高僧であったドン・ティエリー・ルイナールは、当時はまだ「泡立つワイン」と表されていたシャンパーニュに、輝かしい未来があることを見抜いていた。やがて、彼の慧眼は甥であるニコラ・ルイナールへと引き継がれる。

初めて作られた「泡立つワイン」は、繊維商を営んでいたニコラの顧客にギフトとして配られた。洗練されたビジネスマンであったニコラは、叔父の画期的な展望と「泡立つワイン」への熱い思いのすべてを継承。彼はわずか6年で、シャンパーニュ事業を成功へと導いた。

※続きはこちら

広告を非表示にする

アイスクリーム総選挙

東京スカイツリータウンでは、5月9日から5月21日の期間、「東京ソラマチ」を中心に出店している18店舗の中から人気No.1のアイスクリーム店を決める「東京ソラマチ アイスクリーム総選挙」を開催する。

f:id:pleasegoodtimes:20170427102009j:plain

昨年に続き2回目の開催となる今年は、初の試みとして、参加する各店舗がアイスクリームの半額サービスや無料サイズアップなどのお得な選挙公約を表明し、投票によって見事1位を獲得した店舗は、5月29日から6月4日までの期間限定で選挙公約を実現する。

各店自慢のアイスクリームを取り扱うスイーツショップが多数出店している「東京ソラマチ」では、この機会に各店舗を食べ比べして、お気に入りの一品を見つけてみるのも小粋な演出だ。

※続きはこちら

モンスターカー

今日はチョイとごっついクルマあれこれをお届けします。

まず最初は、アメリカのチューナーとして世界トップクラスのスーパーカー「Hennessey Venom GT」を製造していることでも知られる「Hennessey Performance/ヘネシーパフォーマンス」。

f:id:pleasegoodtimes:20170426100336j:plain

「ニューヨーク国際オートショー」に合わせて発表した「シボレー・カマロ」ベースにしたチューニングモデルは、悪魔祓いを意味する「エクソシスト」という名前を持つ、1000馬力にチューニングされたエンジンが注目を集めた。

※続きはこちら

広告を非表示にする

フェラーリあれこれ

フェラーリが、アブダビの「フェラーリ・ワールド・アブダビ」に続き2014年に計画を発表し、建設が進められていたヨーロッパ初の「跳ね馬」のテーマパーク「フェラーリランド」が、スペイン・タラゴナにて一般向けにオープンした。

f:id:pleasegoodtimes:20170425091335j:plain

総面積70,000平方メートル、イタリアの街並みやフェラーリの歴史に関連した施設が再現されたパーク内には、高さ112メートルでわずか5秒で最高速度180km/hに到達するというヨーロッパ随一の高さと速さを誇る垂直コースター「Red Force/レッド・フォース」など11のアトラクションが設けられ、フェラーリ愛好家はもちろん、家族連れで楽しめ、「フェラーリ」の歴史を探ることができる場所となっている。

ヨーロッパ初の「フェラーリ」のテーマパークとしてスペインにある「ポートアヴェンチュラ・ワールド・リゾート」の中に建設された「フェラーリランド」は、バルセロナからの所要時間は1時間ほどで、総面積70,000平方メートルの敷地に11のアトラクションが設けられており、スリルを体感出来るものから、オトナと子供が楽しめるシュミレーター系のものも多数用意されている。

※続きはこちら

広告を非表示にする

ピーナッツ

六本木の「スヌーピーミュージアム」では、4月22日から9月24日までの期間、開館1周年の記念展「ピーナッツ・ギャング・オールスターズ! ともだちを紹介してよ、スヌーピー。」が開催される。

f:id:pleasegoodtimes:20170424095053j:plain

展覧会名となった「ピーナッツ・ギャング」とは、スヌーピーをはじめ「ピーナッツ」に登場する個性豊かなキャラクターたちのことで、本家の「チャールズ M. シュルツ美術館」のあるアメリカでは親しみを込めてそう呼ばれている。

スヌーピーを徹底的に紹介した第2回展に続く今回の展覧会では、「ピーナッツ」に登場する70を超すキャラクターの中から、特に馴染み深いギャングをピックアップ。

※続きはこちら

広告を非表示にする