Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

食のイベント各種

「京都髙島屋」では、8月2日から8月7日までの期間、「サマースウィーツフェスタ」と「パンフェスタ」を開催。

このイベントでは、話題のスイーツとパンが大集合。夏にピッタリのひんやりスイーツから、行列ができる人気メニュー、写真に撮りたくなるユニークでキュートなものまで、スイーツ・パン合わせて44ブランドが集結。会場にはイートインコーナーもあるので、家族や友人といくつかシェアしたり、お土産にしたりと楽しみ方は色々。

f:id:pleasegoodtimes:20170725070651j:plain

「特製りんご飴ポム・アラモード・プレーン」は、日本初のりんご飴専門店「ポムダムールトーキョー」こだわりの果汁たっぷりのりんご飴にスペシャルなトッピングをした会場限定メニュー。シャキッと新鮮なりんごとカリカリの砂糖の食感が絶妙。コロンとしたサイズ感と艶やかな赤色がキュートなりんご飴は、写真を撮りたくなる可愛さだ。

※続きはこちら

広告を非表示にする

新型「A8」

Audi/アウディ」は、フラッグシップサルーンの新型「A8」をバルセロナで開催されたアウディサミットで世界初披露した。

フルモデルチェンジとなる新型の「A8」は、「Audi」のスローガンでもある「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」を反映したブランドの新たなベンチマークとなっており、新しいデザインが反映されたスタイルや、市販モデルとしては世界でも初となる高度な自動運転システムが採用されるなど、最新のラグジュアリーサルーンとして登場する。

f:id:pleasegoodtimes:20170724074226j:plain

新型「A8」は、先代モデルとは大きく異なるデザインが採用されているのが特徴で、幅が広く直立したシングルフレームグリルが備わったフロントをはじめ、2015年の「ジュネーブモーターショー」で披露されたコンセプトカー「Audi prologue」のスタイルが市販車に反映されたエクステリアに仕上げられている。

※続きはこちら

広告を非表示にする

音を楽しむ

イギリスの「Marshall Amplification/マーシャル・アンプリフィケーション」社が保有する、プロ向けからアマチュユースの幅広い価格帯と用途に合わせたアンプなどを製造しているブランドとして知られる「Marshall/マーシャル」から、ワイヤレススピーカー2モデルが登場。

f:id:pleasegoodtimes:20170723053946j:plain

今回登場したモデルは、パワフルなステレオスピーカー「STANMORE BLUETOOTH/スタンモア」と、スリムスピーカー「ACTON BLUETOOTH/アクトン」の2モデル。どちらも「Marshall」らしいクラシックでユニークなルックスをまとったコンパクトなサイズながら、高いサウンド再現性を有している。

「STANMORE BLUETOOTH」は、コンパクトながらクリアな中・高音と迫力ある低音の両立を実現。「aptXtechnology」を搭載した最新のBluetooth機能を搭載し、ワイヤレスで接続するか、3.5mmカールコードケーブルを使用して携帯電話等の端末と接続する。

※続きはこちら

広告を非表示にする

ジミー・チュウの新作

「JIMMY CHOO/ジミー・チュウ」から、2017年プレフォール・コレクションと共に、新シリーズ「GRAPHIC STAR STUDS」が登場。

f:id:pleasegoodtimes:20170722083454j:plain

「GRAPHIC STAR STUDS」は、シボ加工された黒地のグレインレザーに、「JIMMY CHOO」のアイコニックなアイテム「スタッズ」を幾何学模様に配置したパンクテイストなシリーズ。

リュクスながらストリートスタイルにマッチし、これからの季節のスタイリングにアクセントとなるラインナップが揃う。

※続きはこちら

朝日焼の新店舗

「朝日焼」の魅力を未来につなげる新店舗「朝日焼 Shop & gallery」が京都の宇治川沿いにオープン。イベントスペースやギャラリースペースが設けられ、茶と茶器をベースに日本文化を体感できる場となっている。

f:id:pleasegoodtimes:20170721071539j:plain

「朝日焼」は京都府宇治市で焼かれる陶器で、慶長の時代に発祥、400年の歴史を持っている。宇治茶の栽培が盛んになるにつれ、茶の湯向けの陶器が焼かれるようになり、江戸時代には遠州七窯の1つにも数えられた。

ちなみに、「朝日焼」という名前の由来については、朝日山という山の麓で窯が開かれていたという説と、朝日焼独特の赤い斑点(御本手)が旭光を思わせるという説があるようだ。

※続きはこちら

広告を非表示にする