Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

HUNTING WORLD

一世を風靡した感のある「HUNTING WORLD/ハンティング・ワールド」ブランドの創業は以外と新しい。

ニューヨークに生まれた創業者のボブ・リーは、建設技師としてキャリアをスタート。1955年にアフリカを旅行し、アフリカの自然に強く魅かれた。そして、これを機に1959年、アンゴラにサファリツアーの会社「リーエクスぺディションズ」社を設立。会社を運営する一方で、アフリカでは野生動物の保護や調査なども行った。

f:id:pleasegoodtimes:20170619100233j:plain

また、観光客を案内する中で、彼らが持ち込むラゲージやテントがアフリカで使用するには役に立たず、より丈夫な製品が必要だと感じたところから、テントやラゲージの改良、デザインを始めた。

※続きはこちら

広告を非表示にする