Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

Maseratiと夢の乗り物

国内販売が開始された「Maserati/マセラティ」のフラッグシップサルーンである新型「Quattroporte/クアトロポルテ」は、「Maserati」が「新たなトリム戦略」と位置付ける新オプションが1つのポイント。このオプションは、内外装を変更することにより、「Maserati」のDNAであるラグジュアリー性とスポーツ性を強調するものである。

f:id:pleasegoodtimes:20170119201803j:plain

用意されるオプションの1つは「GranLusso/グランルッソ」。ルッソとはラグジュアリー、洗練などの意味を持つイタリア語。それを冠する「GranLusso」は、専用設計のフロントバンパーとロアパーツなどが装備された他、20インチのホイールやブラックのカラード ブレーキ キャリパーの足元のドレスアップなど、イタリアの職人によるクラフツマンシップが感じられる特別なマテリアルがあしらわれている。

「GranLusso」の個性が最も表現されているのはインテリア。インテリアトリムパネルや、ステアリングなどにラディカ ウッドを使用し、シックに仕上げた他、エルメネジルド・ゼニアによるシルクをシート、ドア、ルーフライニング、サンバイザーに使用。さらに、スーツの裏地にあるようなラベルもサンバイザーに取り付けられている。速乾性があり、軽量で触り心地が良く、そして、耐久性の高いシルクをゼニアが「Maserati」のために仕立てている。

※続きはこちら

広告を非表示にする