読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ニューイヤーコンサート

ヴィヴィアン・ウエストウッドとアンドレアス・クロンターラーが、「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」の新衣装をデザインした。そして、オーストリアのクラシック音楽シーンにおける最も重要な2017年1月1日の「ニューイヤーコンサート」で、ステージ衣装「Philharmonic Suit」が披露される。

f:id:pleasegoodtimes:20161230184330j:plain

ヴィヴィアン・ウエストウッドと彼女のデザインパートナーであり夫のアンドレアス・クロンターラーは、共にクラシック音楽を深く愛しており、クロンターラーにおいては幼少時からフィルハーモニーの熱心な支持者。彼らは2009年に正式にフィルハーモニーに会い、2014年には「ニューイヤーコンサート」のバレエコスチュームをデザインしている。

2017年の年初めに発表される「Philharmonic Suit」は、オーケストラが着用する伝統的な衣装にユニークなアレンジを加えている。これまではフォーマルマナーに則り、昼公演にはシュトレーゼマン(またはストローラーの名で知られる昼用の礼服)、夜公演では燕尾服を着用してきたが、今回のデザインは伝統を重んじつつも現代的な機能性を兼ね備え、昼夜どちらにも最適な衣装を製作した。

※続きはこちら