Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

食へのこだわり

メディアでは、さまざまな分野のプロたちの素顔が紹介されているが、共通して見えてくるのは、彼らにとって仕事は単なる「職」ではなく一種の生き様であるということに気付かされる。

なぜその仕事をするのか、どこまで努力すればいいのかといった疑問はそこにはない。ただ、高みを目指し、手が、足が、創造力が、そして、心が自然に動きだす。

「世界のベストレストラン50」で4度の1位に輝き、7年連続で入賞を果たしたデンマークのレストラン「Noma/ノーマ」のオーナー・シェフ、レネ・レゼピもそんなプロの1人。彼とそのチームを1年にわたって追ったドキュメンタリー「ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た」を観れば、誰もがそれを確信するに違いない。

f:id:pleasegoodtimes:20161205211831j:plain

2015年1月、「マンダリン オリエンタル東京」に5週間限定でオープンした「ノーマ東京」には、2000席に対し、6万2000人が予約のウェイティングリストに連ねたという。映画では、レネ・レゼピ率いるチームが準備に費やした日々が記録されているが、何しろその舞台裏がもの凄いことになっている。

※続きはこちら

広告を非表示にする