読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ブリューゲルとボス、そして、雪村

16世紀のフランドル絵画の巨匠と呼ばれるピーテル・ブリューゲル。ちなみに、同名の長男と区別するため「ブリューゲル 父」と表記されることが多い。

現存する油彩の真作が世界に40点ほどしかないと言われ、日本での公開が最も難しい画家の1人でもある。そのなかでも、代表作の1つと名高いのが「バベルの塔」。24年ぶりの来日となる「バベルの塔」を目玉とした展覧会、ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲルバベルの塔」展が、2017年4月18日から7月2日までの期間、「東京都美術館」で開催される。

f:id:pleasegoodtimes:20161126225536j:plain

なお、ボイマンス美術館は、オランダのロッテルダムにある美術館で、中世ヨーロッパ美術から近代美術まで126,000点を所蔵している。なかでも、16世紀ネーデルランド美術の名品の数々は、ボイマンス美術館を代表するコレクションである。現存する作品の少ないブリューゲル、ボスの第一級品を複数所有する美術館としても広く知られている。

※続きはこちら