読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

秋のキーワード

東京の白金台「八芳園」では、満月の下で抹茶と民謡行事「おわら 風の盆」を堪能する「十五夜茶会」を、9月15日に開催する。

f:id:pleasegoodtimes:20160905210412j:plain

富山県富山市八尾地域で、毎年9月1日から3日にかけて催される富山県を代表する行事「おわら 風の盆」。越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露する。艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了する祭りである。

「おわら」の起源は、江戸時代の元禄期にさかのぼると伝えられており、それによると、町外に流出していた「町建御墨付文書」を町衆が取り戻したことを喜び、三日三晩踊り明かしたことに由来するのだという。ただ、「風の盆」名称の由来については、風鎮祭からともお盆行事からともいわれているが、詳しくは定かでない。

※続きはこちら

広告を非表示にする