Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

映像と音楽に酔う

世界最高峰のオーケストラを映画館で堪能できる「ベルリン・フィル・イン・シネマ」が日本初上陸。7月13日と14日の2日間、東京の「ユナイテッド・シネマ豊洲」、大阪の「イオンシネマ茨木」などで先行上映され、その後、7月23日から31日まで、東京「恵比寿ガーデンシネマ」で上映される。

f:id:pleasegoodtimes:20160515194911j:plain

2015~2016シーズンのうち、3つのコンサートのハイライトを映画館の素晴らしい音響と大きなスクリーンで上演。記念すべき第1弾は、現代屈指の指揮者として名高いサー・サイモン・ラトルが指揮するベートーヴェン交響曲第4番と交響曲第7番。

また、「恵比寿ガーデンシネマ」では、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏の心理や背景に迫る密着ドキュメンタリー「リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン」も特別に同時上映する。サイモン・ラトルやオーケストラのメンバーに、ベートーヴェンの曲を演奏する時の心理、そして、どのように曲を解釈して表現しているのかをインタビューし、彼らが実際に演奏に臨むまでを捉えた約45分の秘蔵ドキュメンタリー作品である。

※続きはこちら

広告を非表示にする