Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

鉄道ネタ

昨年の10月にお伝えした、最高速度210kmで走る新幹線で移動しながら現代アートが鑑賞できる「世界最速美術館」である「GENBI SHINKANSEN/現美新幹線」が4月29日に運行をスタートすることになった。上越新幹線の越後湯沢から新潟の間で土・日・祝日を中心に、1日3往復の計6本のダイヤで年間120本程度の運行を予定している。

f:id:pleasegoodtimes:20160421214907j:plain

「現美新幹線」は、ファッション、建築、音楽、デザイン、アート、食をコンテンツに「遊び場」を創造する空間創造総合企業の「TRANSIT GENERAL OFFICE」が総合プロデュースを担当し、乗ること自体が旅行の目的となるような、これまでの列車の空間デザインの枠を越えた旅の時間を体験できる列車をつくり上げた。

現代美術を新幹線で移動しながら鑑賞するというユニークな演出は、新幹線車両という制限ある空間では大掛かりな作品のインスタレーションが難しいので、「インタラクティブ」「ストーリー」「トリック」などの要素を意識してプロデュース。短時間のようで実は長い越後湯沢と新潟間の距離を、アートとの時間の過ごし方に挑戦した。

※続きはこちら

広告を非表示にする