Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ハドソン川の奇跡

USエアウェイズ1549便不時着水事故は、2009年1月15日東部標準時午後3時30分頃に、ニューヨーク発シャーロット経由シアトル行きのUSエアウェイズ1549便が、ニューヨーク市マンハッタン区付近のハドソン川に不時着水した航空事故である。

f:id:pleasegoodtimes:20160323001248j:plain

乗員・乗客全員が助かったことから、ニューヨーク州知事のデビッド・パターソンは、この件を「Miracle on the Hudson/ハドソン川の奇跡」と呼び、褒め称えた。

USエアウェイズ1549便は、ラガーディア空港離陸直後、カナダガンの群れに遭遇し、両エンジンの同時バードストライクというレアケースによって両エンジンが「フレームアウト(停止)」し、飛行高度の維持が出来なくなった。機長と相談の末、空港管制は、進行方向の延長上にあるテターボロ空港への着陸をアドバイスしたが、高度と速度が低すぎるため機長はキャンセルを伝え、ハドソン川緊急着水を宣言。

※続きはこちら

広告を非表示にする