Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

国産車の意気込み

LEXUS/レクサス」は、先日デトロイトで開幕した北米国際自動車ショーデトロイトモーターショー」で、新型ラグジュアリークーペ「LC500」を世界初披露した。2012年のコンセプトモデル「LF-LC」から市販化へ落とし込んだデザインや、新プラットフォームの採用など、これからの「LEXUS」を象徴する1台であり、「LEXUS」を新たな章へと導くフラッグシップクーペとして誕生した。

f:id:pleasegoodtimes:20160117235128j:plain

次世代「LEXUS」クーペの実現に向け、基本に立ち返り、クルマの骨格であるFRプラットフォームを新開発。走りのポテンシャルを高め、美しいデザインを創り上げた。走行性能の要件とデザインの狙いが合致したダイナミックなプロポーションとラグジュアリークーペとしてのエレガントさを融合したデザインは、低重心で低い全高とワイドな全幅でアグレッシブなスタンスを実現し、四隅のタイヤを強調するフェンダーが張り出した、抑揚ある立体構成でクーペとしての機敏さを表現。さらに、各部位の表面は艶やかな曲面とシャープなラインで構成され、ラグジュアリークーペに相応しいエレガントさを強調する。

※続きはこちら

広告を非表示にする