Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

GRAFF/グラフ

ロシア系移民の貧しい家庭で育ったローレンス・グラフは、15歳の頃からロンドンのダイヤモンド街で工房見習いとして働き始めた。生まれながらにしてダイヤモンドを見極める才能を持ち、また、ビジネスセンスに秀でていたグラフは18歳で独立。ジュエリーの修理作業を請け負うビジネスを開始した。

これが21世紀の「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ぶに相応しいハイジュエラー「GRAFF/グラフ」の輝かしいブランドストーリーのスタートである。希少なビッグダイヤモンドやカラーダイヤモンドを精巧にカッティングすることで生み出される息を飲むほどに美しいジュエリーの数々は、その比類なき輝きで世の女性たちの心を一瞬にして魅了する。

f:id:pleasegoodtimes:20160104220847j:plain

「グラフ・ダイヤモンド」社の設立は1960年、グラフが22歳の時であった。その2年後、1962年に念願の初店舗をロンドンのハットンガーデンに構える。そして、さらなる飛躍を求めたグラフはシンガポールへと旅立ち、ブルネイ王族をはじめとするアジア諸国の富豪、中東の王族や石油王などから信頼を得て、大粒で極上の宝石を扱うようになった。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする