Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

村上隆の個展

現在、森美術館では日本国内では14年ぶりとなる村上隆の大型個展「村上隆五百羅漢図展」が開催されている。

f:id:pleasegoodtimes:20151214205923j:plain

今回の個展の見どころとなるのが、世界の絵画史上最大級の作品である、全長100mに及ぶ超大作「五百羅漢図」。日本初公開となる同作品は、東日本大震災でいち早く支援の手を差し伸べてくれたカタールへの感謝を込めて12年にドーハで発表されたもの。

五百羅漢」とは、釈迦の教えを広めた500人の弟子である聖人たちで煩悩を滅し人々を救済したとされている。羅漢信仰は平安時代に日本へ伝えられたと言われ、江戸時代以降、各地に彫像や絵画が作られ、全国規模の隆盛を見せた。近年では狩野一信による「五百羅漢図(芝、増上寺蔵)」全100幅が東日本大震災直後に「江戸東京博物館」で初公開され、翌2012年にはアメリカでも公開されるなど、大きな話題となった。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする