Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

黒田清輝

洋画家の黒田清輝は、1866年に薩摩藩黒田清兼の子として生まれ、後に伯父の子爵黒田清綱の養子となった。東京外国語学校を卒業後、1884年から1893年まで渡仏。当初は法律を学ぶことを目的とした留学であったが、パリで画家の山本芳翠や藤雅三、美術商の林忠正に出会い、1886年に画家に転向することを決意し、フランス人画家ラファエル・コランに師事。

f:id:pleasegoodtimes:20151125233131j:plain

1873年に美術アカデミーのサロン入選作「眠り」でデビューしたラファエル・コランは、1894年に「レジオンドヌール勲章(オフィシエ)」受章。その後、画学校を主宰し、1902年エコール・デ・ボザール教授になった。黒田の他にも、歴史学者の久米邦武を父に持ち黒田とも親交も深い久米桂一郎や、女性像を得意とし日本的な感覚の洋画に秀作を残している岡田三郎助もまた、コランの元で学んでいる。

なお、日本では洋画家の師として知られるが、フランス絵画史では印象派の最盛期にあたるため、折衷的なコランの画風が評価されることは少なく、当のフランスでもほぼ忘れられた作家であるという。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする