Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ロシア映画

19世紀前半のナポレオンによるロシア遠征とその失敗、アウステルリッツの戦いやボロディノの戦いなどの歴史的背景を精緻に描写しながら、1805年から1813年にかけてあるロシア貴族の3つの一族の興亡をピエール・ベズーホフとナターシャの恋と新しい時代への目覚めを点描しながら綴った群像小説「戦争と平和」。

この作品は1956年にイタリアとアメリカの合作で、オードリー・ヘップバーンヘンリー・フォンダ主演で映画化されているが、この作品は完全にハリウッド的恋愛ドラマで原作にはあまり忠実ではない。

f:id:pleasegoodtimes:20150921224146j:plain

そして、1965年から1967年にかけて公開された「戦争と平和」は、戦闘シーンに12万人を超すエキストラが動員され、また、セリフのある役が559人の出演者するという、ソビエト連邦が国家事業として製作・撮影した全4部作で、上映時間が6時間半を超す超大作であった。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする