Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

リモワの飛行機

ドイツの名門スーツケースのメーカーである「リモワ(RIMOWA)」は、薄くて軽いアルミニウム素材を使用し、リブ形状とした上で特殊なフレームを入れ、コーナーやリベットなど強度を要求される部分にはステンレススチールを使用することで強度と超軽量を両立したスーツケースで有名。

f:id:pleasegoodtimes:20150907185809j:plain

1898年にパウル・モルシェックが牛革スーツケースのメーカーとして「Paul Morsceck & Co.」を創業、当時の工場はケルン市内中心部にあった。そして、1930年にリヒャルト・モルシェックが引き継ぎ、「RIchard MOrsceck WArenzeichen」の頭文字を採って「RIMOWA」と社名改名。

その後、ドイツの航空機メーカーである「ユンカース」の伝説的な飛行機など、黎明期の空を飛んだ航空機の素材として使用されていたアルミニウムの軽量と強度に注目、軽量と強度を両立するため、平行線のリブが刻まれたアルミニウム構造を開発し、アルミニウム製ラゲージラインを発売。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする