Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

妄想ショッピング

昨日、例によってフラッと阪急うめだ本店に目の保養に出向く。9階の祝祭広場では、ヨーロッパ、アフリカ、アラブの文化が混じり合い、異国情緒あふれるモロッコにスポットを当てた「モロッコフェア 2015」が開催されており、ちょうどイベントステージでは熱気あふれるベリーダンスのショーが行われていたので、しばしボォ~と眺めていた。

f:id:pleasegoodtimes:20150718110037j:plain

モロッコは、個人的に多少縁のある国である。東京での大学時代、2軒隣のマンションにモロッコ大使館が入居していた。近所の飲み屋で知り合った外人さんが、そのモロッコ大使館で会計主任をしていたアーメッドという人物。彼はまだ若く、精悍な感じが漂い、いつも身なりがピシッとしており、礼儀正しい感じの良い青年だった。知り合った頃は、彼が20代後半、私が21歳だっと記憶している。もう40年も昔のことである。

彼は、英語、フランス語、スペイン語、アラビア語に堪能で、そして、日本語も流暢に話し、時には漢字の由来なども講釈されたこともある。この若さでモロッコから日本の大使館の会計主任として赴任するってことは、やはり凄いことなんだろう。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする