Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

新潟市美術館

1985年10月13日に「みる、つくる、語る」の3つのモットーを掲げて開館した「新潟市美術館/Niigata City Art Museum」。

そして、2012年にはこれをさらに進化させ、1.「発見する美術館」、2.「学べる美術館」、3.「生きている美術館」、4.「つながる美術館」、5.「信頼の美術館」の5つを新しい運営方針の柱として策定。

f:id:pleasegoodtimes:20150704131817j:plain

コレクションは、「新潟の昨日・今日・明日」「19~20世紀の美術」「21世紀の美術」の3テーマにそって収集が進められ。現在では4000点以上の作品を所蔵する。

特に、新潟出身の作家では阿部展也の作品収集に力を入れ、初期から晩年までの作品1,387点を所蔵。 国内作家では、草間彌生の作品78点、海外作家ではウジェーヌ・カリエールの作品30点の所蔵が際立っている。また、かつて新潟県庁舎横にあった新潟放送運営の1985年11月に閉館した「BSN新潟美術館」の所蔵品の多くが寄託されている。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする