Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

東京銀座資生堂ビル

資生堂パーラーを始め、ファロ資生堂資生堂ギャラリー、文化サロンが入る「東京銀座資生堂ビル」。

1872年に「資生堂」の創業者である福原有信が銀座八丁目で調剤薬局を開業、1902年には資生堂パーラーの前身となる「ソーダファウンテン」を開設した。

関東大震災後、前田健二郎の設計により資生堂パーラー再開。また、1962年には谷口吉郎の設計による地下1階・地上9階建の資生堂会館竣工。1973年に「資生堂パーラービル」に改称するとともに全面リニューアルされたが、1997年には建替えのため解体。現在の「東京銀座資生堂ビル」は、2000年12月に竣工され、2001年3月にオープンした。

f:id:pleasegoodtimes:20150621222554j:plain

以前は、建築物の高さは31mに制限されていたが、1998年に中央区と銀座通連合会との協議により、中央通りをはじめとする主要道路沿いの建築物最高高さを56mとすることに決定。ちなみに、「東京銀座資生堂ビル」は、この「地区計画銀座ルール」の適用第1号となった。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする