Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

認知症

先日、「ドラえもん」の声で知られる大山のぶ代さんが「認知症」を患っていることを、夫の砂川啓介氏が公表した。ある意味、ひじょうに勇気のいる行為である。

f:id:pleasegoodtimes:20150516224902j:plain

認知症」は、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態をいう。また、「認知症」は70歳以上人口において2番目に多数を占める障害疾患である。

日本ではかつて、「痴呆」と呼ばれていた概念であるが、2004年に厚生労働省の用語検討会によって「認知症」への言い換えを求める報告がまとめられ、まず行政分野および高齢者介護分野において「痴呆」の語が廃止され「認知症」に置き換えられた。

そして、「認知症」の狭義の意味としては「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知の障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする