Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

オーソン・ウェルズ

オーソン・ウェルズは、ハリウッドを代表する映画監督、脚本家、俳優である。

f:id:pleasegoodtimes:20150516000722j:plain

1915年5月6日にウィスコンシン州ケノーシャで生まれ、子供時代の彼は、詩や漫画、演劇に才能を発揮する天才児であったが、傍若無人な性格で周りとの人間関係に問題があったという。

母は彼が9歳の時に亡くなり、父は発明に没頭するアルコール依存症の奇人で、祖母は神経質でオカルトと魔術に耽溺しており、ウェルズ少年とは嫌いあう仲であった。

父は彼をイリノイ州ウッドストックにある比較的自由な校風のトッド校に通わせたが、ここでウェルズは最初の演劇を制作し俳優として出演。その後、クリスマスにはキリスト受難劇やシェークスピアの劇を自ら演じた。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする