Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

HondaJet と NSX

先日、ホンダの航空機事業子会社であるアメリカの「ホンダ・エアクラフト・カンパニー」が生産する小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」が、日本の空に初めてその飛行する姿を披露した。

f:id:pleasegoodtimes:20150429213402j:plain

航空機開発はホンダの創業者である本田宗一郎氏の夢であり、「HondaJet」はそれを具現化した製品として大きな話題となっていた。なお、ホンダのオートバイのエンブレムであるウイングマークは、「いつかは空へ羽ばたきたい」という願いを込めて採用されたものである。

「HondaJet」の機体サイズは、全長12.99m、全高4.54m、翼幅12.12m。定員がパイロットを含めて7名の小型ビジネスジェット機は、主翼の上にエンジンを配置する機体のレイアウトが最大の特徴。徹底した機体の空力抵抗の低減と揚力比の実現で、クラス最高の最高速度と低燃費を達成する。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする