Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

気になる写真集

日本の映画書の系譜を紹介する展覧会「シネマブックの秘かな愉しみ」が、4月14日から8月2日までの期間、東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。

数えきれない数の映画とともに、世に送り出されてきた「映画の本」。俳優にまつわる物や映画史の基本文献、優れたデザインの書籍など、映画本は常に映画に寄り添って出版されてきた。

f:id:pleasegoodtimes:20150320000033j:plain

今回の展覧会では、4つの構成に分けて映画書の魅力が紹介される。「映画書のABC」では、日本映画文献史研究家の本地陽彦が所蔵する明治・大正期の貴重書のほか、日本の映画史を変えた一冊や、映画史を学ぶ際の指針となってきた名著が展示。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする