Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

相棒展3

「よっ!ヒマかっ?」という組織犯罪対策5課角田課長の決め台詞に誘われ、梅田大丸15F大丸ミュージアムで開催されているテレビ朝日の人気ドラマ「相棒」の世界観を再現した人気展覧会「相棒展」の第三弾「相棒展Premium3」に出向く。2012年9月に「相棒展Premium2」に行ってから、約2年4ヶ月ぶりの懐かしい展覧会である。

f:id:pleasegoodtimes:20150110013925j:plain

ドラマの名場面を彩ってきたあの「特命係」や「花の里」はもちろん、今回は鑑識課セットも再現されている。また、実際に撮影で使用された衣装や小道具も集結し、マニアには嬉しい趣向が随所に施されている。もちろん、最新シリーズのなんやかんやも展示されており、新たな記念撮影コーナーや会場でしか買えない相棒展限定グッズなどもバージョンアップして登場。

前回は、電話型音声ガイドを駆使し、行方不明となった杉下右京を「相棒」メンバーと一緒に探すというストーリー仕立てで、いわゆる体験型アトラクションイベントってな趣。刑事部捜査一課のトリオ・ザ・捜一の伊丹がメインのガイドを務めた。

今回も入口で受付嬢のおねえさんに電話型音声ガイドを首に掛けてもらい、いざ出陣。音声ガイドの脚本は「相棒展Premium2」に引き続き、「相棒-劇場版-」をはじめ数々の名作を生み出してきた脚本家の戸田山雅司氏を迎え、「相棒」出演者による新たな音声ガイドドラマが制作されている。「相棒」の出演者の声を聞きながら会場に隠された謎を解き進む展示型捜査イベントが繰り広げられる。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする