Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

神戸が舞台

来年、神戸を舞台にした映画が公開される。講談社の「ハツキス」で絶賛連載中の池辺葵原作の人気コミック「繕い裁つ人」が、中谷美紀主演で映画化された。

祖母が始めた洋裁店を受け継いだ2代目店主の市江と、彼女の服に魅せられたデパート勤務の藤井ら、市江を取り巻く人々の生活が繊細に描かれている。

f:id:pleasegoodtimes:20141205022628j:plain

物語冒頭から大丸神戸店が登場するなど、神戸の景色がステキに描かれている作品なので、神戸っ子や神戸を好きな人たちには映画の中に入り込んだような気分になること間違いない。

中谷美紀演じる主人公の市江が店主を務める「南洋裁店」は、昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店。彼女が古びたミシンで作るオーダーメイド服は大人気だが職人スタイルを貫くため量産はできない。ある日、「南洋裁店」に神戸のデパートに勤める藤井がやってくる。市江にブランド化の話を持ちかける藤井に彼女は全く興味を示さない。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする