Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ルイナール/Ruinart

1729年に創業した世界で最古のシャンパーニュメゾンの「ルイナール/Ruinart」は、ベネディクト派修道会の高僧ドン・ティエリー・ルイナールがヨーロッパ各地を旅する中で、泡の出るワインが宮廷で珍重されていることを知り、いち早くシャンパーニュの将来性に着目したことに始まる。

シャンパーニュ醸造の研究を重ねた彼の夢は、その後、甥でありメゾンの創業者であるニコラ・ルイナールにより実現された。

f:id:pleasegoodtimes:20141120001021j:plain

彼は、シャンパーニュの貯蔵庫として、ガリアローマ時代の白亜質の石切り場跡「クレイエル」を取得。クレイエルは、白亜質の土壌とその深さにより、セラー内は一定の温度と適度な湿度を保ち、シャンパーニュの緩やかな熟成に理想的な環境を持っていたためである。

「ルイナール」は、シャルドネ種の洗練にこだわったシャンパーニュ造りのエキスパート。すべてのキュヴェはシャルドネを主体とし、コート・デ・ブランとモンターニュ・ド・ランスで収穫された極めて高品質なブドウを巧みに選定してブレンドする高い技術をもとに、繊細でフレッシュなシャルドネの丸みのある豊かな味わいを引き出している。こうした何世紀にもわたり磨き上げられてきた伝統製法により生み出される光り輝くようなシャンパーニュは、フィネスと複雑さが溶け合い「シャルドネの個性」を完璧に表現している。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする