Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

アナ雪ブーム

今頃話題にするのは少々遅すぎる気もするが、今年は映画界のみならず、社会現象とまでなったディズニー映画の「アナと雪の女王」。「アナ雪」は、ご存知のようにアンデルセンの童話「雪の女王」からインスピレーションを得た作品で、アメリカでは2013年11月に公開。第86回アカデミー賞の長編アニメ映画賞を受賞し、また、主題歌「レット・イット・ゴー 」は歌曲賞を受賞した。

f:id:pleasegoodtimes:20141108002723j:plain

日本では今年の3月に公開され大ヒット。初日を含めた3日間で観客動員約79万3000人、公開5日目には観客動員100万人を突破し、4月末には累計動員数が1000万人を超えた。

なぜ「アナ雪」は、これほどのヒットにつながったのか、多くのメディアではその分析を行っている。従来、ヒットする映画は、人気俳優が出演していたり、有名なキャラクターが登場したりする場合が多い。しかし、「アナ雪」にはそうした人気者は出ていない。言ってみれば、新人がいきなり大スターになったようなものだ。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする