Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

セレブ御用達時計

リシャール・ミル」は、特殊なパーツの詳細なデータを指定し、外部メーカーにパーツを発注するというマニュファクチュール・デジネーと呼ばれる独自の製造方法をとっているメーカーである。

リシャール・ミルは、1951年フランス生まれ。大学を卒業後、数社のマネジメントに携わった後、1993年から、モーブッサンウォッチグループとジュエリーグループのCEOを務めた。その後、彼はモーブッサンを辞して、自身の名を冠したブランド「リシャール・ミル」を2001年に創業。

リシャール・ミルフランク・ミュラーのような時計師でも、ジェラルド・ジェンタのようなデザイナーでもない。自身が言うように、あくまで「コンセプター」なのである。つまり、時計のコンセプトを練り、素材を検討し、サプライヤーに依頼するプロダクト・マネージャーのような存在。しかし、時計づくりへの強い情熱と、非凡な造詣の「コンセプター」は、時計師やデザイナーのような専門職人には見えないものが常に映っていた。

f:id:pleasegoodtimes:20140912230948j:plain

リシャール・ミル」の時計作りの哲学とは、それぞれの時計作りで優れた時計専門家の力を借り、最高質のパーツを集めた高度な技術を駆使した、いわば「F1」に匹敵する一番良い腕時計を製造するということである。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする