Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

アボリジニアート

6万年とも言われる長い間、大自然の中で狩猟採集生活をしてきたオーストラリアの先住民であるアボリジニは、文字を持たなかったことから、砂の上や人体に「文字に代わるビジュアル」を描いて自らの想いを表現してきた。

f:id:pleasegoodtimes:20140902234146j:plain

アボリジニは、自然を崇拝し精霊たちによって創造された創世神話の時代や、自らの集団が属する祖先の精霊を「ドリーミング」と訳されるスピリチュアルな概念によって語り伝えている。文字を持たないアボリジニは、この「ドリーミング」の内容を、洞窟の壁や岩に線刻画や岩絵として描き、人や動物をかたどった精霊像に託してきた。

そんな彼らに転機が訪れたのは1971年。イギリス人の美術教師ジェフリー・バーデンが、アクリル絵の具を使ってキャンバスに描くことを教えたことがきっかけとなり、彼らの描く「アボリジニアート」は瞬く間に現代美術界に知られるところになった。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする