Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

レペット/Repetto

「レペット(Repetto)」は、ローズ・レペットが1947年にパリのオペラ座近くの小さなアトリエで、「cousu retourne(縫った後にひっくり返す)」という製法を用いてダンスシューズのデザインを始めたところから「レペット」の歴史がスタートした。

f:id:pleasegoodtimes:20140709224009j:plain

ブランドアイデンティティは「ダンス」、そして、今ではパリ国立オペラフランス国立リヨンオペラ座バレエ団などのバレエ団体から、マドンナ、リンゼー・ローハン、サラ・ジェシカ・パーカーなどのセレブも顧客として名を連ねている。

1956年、フランスのアイコン的女優のブリジットバルドーが、映画「素直な悪女」で使用する靴を作って欲しいと「レペット」に依頼。こうして誕生したカーマインレッドのフラットバレリーナシューズは、たちまち大ヒットとなった。「レペット」の靴は、「足に手袋をはめているよう、スリッパのような履き心地」と絶賛。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする