Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ライカ100周年

ドイツ・ウェッツラーの「エルンスト・ライツ」社に勤務していたカメラのパイオニアであるオスカー・バルナックが、1914年に世界初の35mm判カメラとなる「ウル・ライカ」を開発したことにはじまるライカカメラ社は今年で創立100周年を迎えた。

f:id:pleasegoodtimes:20140608232109j:plain

「ライカ」誕生100周年を記念して、特別エディションの第一弾となる「ライカS Edition 100」を発表。「ライカS」のカメラボディとレンズそれぞれに100周年を記念したロゴが施され、アルミ外装のリモワの専用スーツケースに収められている。

このモデルは、ミドルフォーマットのデジタル一眼レフカメラ「ライカSシステム」のボディと、様々な状況で多様性に優れた対応を可能にするセントラルシャッター搭載の「ライカ ズマリットS f2.5/70 mm ASPH. CS」及び「ライカ エルマリートS f2.8/30 mm ASPH. CS」がセットになっている。

「ライカ ズマリットS f2.5/70 mm ASPH. CS」は、標準焦点距離レンズとして様々な写真撮影環境に理想的。素晴らしいシャッタースピードと画像性能により、あらゆる絞り値で、また、近接撮影であっても際立った写真が保証される。そして、「ライカ エルマリートS f2.8/30 mm ASPH. CS」は、35mm判換算で24mm相当の画角で、特に建築物や風景の写真撮影に最適だ。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする