Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

HondaJet

ホンダの航空機事業子会社である「ホンダ エアクラフト カンパニー」は、ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」の量産1号機を初公開した。今回公開したのはパールグリーンにメタリックゴールドのストライプの塗装を施した新色で、既存のシルバー、赤、黄色、青と合わせ、「HondaJet」の全5色のカラーバリエーションが出揃った。

「ホンダ エアクラフト カンパニー」が開発をおこなっているビジネスジェット機「HondaJet」は、「GE Hondaエアロ エンジンズ」社製の量産型ターボファンエンジン「HF120」を搭載。機体とエンジン、ともに自社で開発をおこなっているのが特徴。

f:id:pleasegoodtimes:20140529234321j:plain

ちなみに、ホンダのオートバイのエンブレムであるウイングマークは、創業者の本田宗一郎が抱いていた、「いつかは空へ羽ばたきたい」という願いを込めて採用されたものだ。それほど本田宗一郎の空への憧れが強かったことから、ホンダの航空機事業への参入は自然な成り行きといえる。

量産1号機はデリバリーに向け、現在、地上での機能試験を行い、2014年夏には初飛行が計画されているという。生産工場では9機の組み立てが進行しており、2014年6月には10機目が加わり、量産体制を本格化させる。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする