Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

マレフィセント

以前にもお伝えしたが、7月5日に公開される「マレフィセント」は、ディズニーとアンジェリーナ・ジョリーが誰も知らない「眠れぬ森の美女」の本当の物語を描く注目映画。

f:id:pleasegoodtimes:20140512234803j:plain

「マレフィセント(Maleficent)」は、1959年公開のアニメーション映画「眠れる森の美女」に初登場する悪役で、ディズニーのヴィランズ(ディズニー作品の悪役キャラクター、敵役キャラクターを集めた一種のブランド名)軍団のオピニオンリーダーとされる魔女。

ちなみに、「ヴィランズ」はディズニー作品の悪役全般であり、子分や手下もこれに含めるが、元々悪役だったが改心したキャラクターなどもいるため、例外的ケースもある。「ヴィラン」かどうかの判断は、初出演作の終了時点であるといわれている。例えば、「アラジン」の悪役ジャファーの手下イアーゴは、続編では改心してアラジンの仲間となっているが、本作終了時はまだ敵に回っていたため「ヴィラン」であるということになり、ナサニエルやケンとビッグベビーのように作品の途中で改心している者は含まれないことになる。また、「リロイ&スティッチ」で改心したのに「スティッチ!」で再び敵になったガントゥとルーペンといった特例もある。

なお、「ヴィラン」の目的は実に多種多様で、主に「王の座」「世界征服」「主人公を倒す事」「ヒロインとの結婚」「大金」「美貌」「不老不死」「復讐」「優勝」などが挙げられる。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする