Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

銀座グランドホテル

「グランビスタ ホテル&リゾート」は、基幹施設「ホテルコムズ銀座」の大規模改装を実施し、「銀座グランドホテル」として5月9日に新装開業する。

f:id:pleasegoodtimes:20140504180345j:plain

「グランビスタ ホテル&リゾート」は、日本でホテルやレストランなどを運営する企業であり、旧社名は「三井観光開発株式会社」という。

北海道炭礦汽船(通称:北炭)」の社長であった政商とよばれ三井の大立者として知られる萩原吉太郎により、「北炭」の関連会社として「北海道不動産株式会社」を設立。吉太郎は北の迎賓館と称された「札幌グランドホテル」の開業に携わっており、本州へホテル、ゴルフ場、高速道路のサービスエリア売店、熱海ビーチラインなどの有料道路といった多角的なリゾート事業へ参入した。その後、1971年に「三井観光開発」へ社名変更後は、「三井アーバンホテルズ」の全国展開をはじめ、鴨川シーワールドやゴルフ場を保有していた「八洲観光開発」の買収で業容を拡大した。

なお、不動産業において先行していた「三井ガーデンホテルズ」として全国展開していた「三井不動産」とは事業上の関係は作られず、銀座と大阪市や福岡市などの西日本地域ではそれぞれのホテルが重複して営業されており、競合関係にあった。そして、2009年に「メルキュールホテル札幌」、2010年に「三井ガーデンホテル札幌」が開業され、創業地である「札幌グランドホテル」を構える札幌市においても競合することになった。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする